フォースメディア 新作人気 モバイルバッテリー シルバー JFPEACE9SL スペシャルオファ

フォースメディア モバイルバッテリー シルバー JFPEACE9SL

1890円 フォースメディア モバイルバッテリー シルバー JFPEACE9SL 電球・電池・電源タップ モバイルバッテリー フォースメディア 新作人気 モバイルバッテリー シルバー JFPEACE9SL フォースメディア 新作人気 モバイルバッテリー シルバー JFPEACE9SL /idiomorphous122527.html,フォースメディア,1890円,alamdar110.ir,JFPEACE9SL,電球・電池・電源タップ , モバイルバッテリー,モバイルバッテリー シルバー /idiomorphous122527.html,フォースメディア,1890円,alamdar110.ir,JFPEACE9SL,電球・電池・電源タップ , モバイルバッテリー,モバイルバッテリー シルバー 1890円 フォースメディア モバイルバッテリー シルバー JFPEACE9SL 電球・電池・電源タップ モバイルバッテリー

1890円

フォースメディア モバイルバッテリー シルバー JFPEACE9SL


厚みが約5mmの超薄型設計

商品概要

3400mAhの内蔵バッテリー搭載 サイズ(mm)W95 x D5 x H145
商品名 フォースメディア モバイルバッテリー シルバー JFPEACE9SL
型番 JFPEACE9SL
メーカー フォースメディア
メーカー希望小売価格 オープン価格
メーカー発売日 2018年06月06日
メーカー保証年数 1年

商品の詳細規格

容量 3400mAh
サイズ 145×95×5
重量 約116g
充電時間 約2時間
給電タイプ 充電タイプ
接続端子 microUSB
入力電力 5V / 2.1A
出力電力 5V / 2.4A
ケーブル
付属品 充電用MicroUSBケーブル

フォースメディア モバイルバッテリー シルバー JFPEACE9SL

英語の学会発表(プレゼン)で失敗しないためのコツ

英語講演という試練 学会での研究成果発表は、大学院生にとって研究生活の大きな山場と言えるでしょう。まして、それが国際学会における英語での発表となればなおさらで…

医薬品の品質管理と標準物質~ワーキングスタンダードと二次標準物質~

なぜ医薬品の品質管理において標準物質選びは重要なのか? 医薬品の品質管理において、物質のモノサシの役割をする標準物質は重要です。もしも、モノサシの目盛りが毎回…

今いちど見直したい、純水や超純水による実験器具の洗浄

器具の洗浄には純水や超純水を使うことが重要 ライフサイエンスの実験や試験、分析では、水質が結果を左右することがあります。そのため、水道水に含まれる有機物や微粒…

<研究最前線>塩見 美喜子-“動く遺伝子”から生殖細胞のゲノムを守る仕組みを解き明かしたい

東京大学大学院理学研究科教授の塩見美喜子先生は、生殖組織(卵巣・精巣)で特殊なDNA配列である「トランスポゾン」による遺伝子破壊からゲノムを守るための”品質管理…

<研究最前線>胡桃坂仁志-DNA収納様式から遺伝子発現制御を明らかにする

東京大学定量生命科学研究所教授の胡桃坂仁志先生は、DNAの核内収納様式である「クロマチン構造」に注目し、遺伝子発現を制御する仕組みを解明しようとしています。クロ…

<研究最前線>サリドマイド催奇性はどのようにして解明されたのか

サリドマイド催奇性、その原因を追う 1950年代後半に催眠鎮静薬としてドイツで開発され、かつて日本でも睡眠薬や胃腸薬として広く販売されたサリドマイド。妊婦のつ…

超遠心不要、細胞タンパク質を4つの画分に分けて抽出する方法

タンパク質抽出を効率的かつ円滑に行うツール プロテオミクスにおいて重要な課題の一つは複雑なタンパク質混合物の精製です。これは発現量の少ないタンパク質を検出可能…

<研究最前線>検査効率の向上を実現!アフラトキシン分析に適した多機能固相カラムとは

大量の検体を短時間で検査 一般財団法人マイコトキシン検査協会では、厚生労働省の登録検査機関として、輸入食品の検査などが行われています。検査は研究のための実験と…

<研究最前線>分析技術で患者の負担を減らす治療薬物モニタリング

臨床現場で活躍する治療薬物モニタリング(TDM) 病院の薬剤部の業務は、医薬品の調剤や管理を行うだけではありません。注射薬や抗がん剤の調製、また、薬物血中濃度…

シンプルかつスピーディー!限外ろ過によるタンパク質分画の方法

限外ろ過がタンパク質分画の「不便」を解決する 血液中のバイオマーカー探索などで解析をする際に、あらかじめサンプルを分画することがよくあります。従来ですと、サイ…

DIGシステムを用いたDNAの標識手法(ラベリング)

DIGシステムを用いた核酸の標識 DIGはステロイドハプテンであるDigoxigenin(ジゴキシゲニン)を用いることでRI(放射性同位元素)を使用せずに、核…

メルクからアドバイス!トラブル発生時に見直すべき5つの実験環境

その実験トラブル、試薬でも装置でもなく環境が原因かも 研究者にとって、ある日突然、理由もわからず、今まで取れていたデータが取れなくなることほど恐ろしいことはあ…

研究者が「ぼっち」から抜け出しネットワークを構築する方法

研究室でひとりぼっちは、むしろ絶好のチャンスと考える 多くの理系学部が4年で研究室に配属されます。同じ研究室に配属されるのは多くて数人、中には同じ学年はひとり…

RNAi実験の基礎 shRNA導入細胞を選択する抗生物質濃度の最適化

高すぎず低すぎない抗生物質の最適濃度を決定しよう RNAi法でshRNAベクターを細胞に導入した後は、抗生物質でshRNAが導入された細胞をセレクションする必…